作家名鑑 - 日本および東洋・西洋の古典作者・文豪から現代作家までの情報と作品を一覧表示

作家名鑑ホーム > 近松秋江

近松秋江

(ちかまつしゅうこう)

近松 秋江(ちかまつ しゅうこう、1876年5月4日-1944年4月23日)は、日本の小説家、評論家。
岡山県生まれ。
本名は徳田丑太郎。
17歳のとき、浩司と改名。

1876年岡山県に生まれる。
少年時代は『雪中梅』(末広鉄腸著)や『経国美談』(矢野龍溪著)などの政治小説を好んだ。

岡山県尋常中学校(後の岡山一中、現在の岡山県立岡山朝日高等学校)を卒業し、1898年東京専門学校(後の早稲田大学)文学部史学科に入学。
それ以前に慶応義塾に籍を置いたこともあるが、2ヶ月で退学している。
卒業後、坪内逍遥の紹介で、博文館に入社するも5ヶ月で退社。
その後、東京専門学校出版部に入る。
1904年、中央公論の記者となるが、ここも7ヶ月で退社している。
文壇デビューは、在学中の1901年、読売新聞紙上の文学合評「月曜文学」第一回、「鏡花の註文帳を評す」である。
最初の小説は『食後』(1907年)。
作家としての地位を確立したのは、『別れたる妻に送る手紙』や『黒髪』を代表とする、いわゆる情痴文学である。
晩年は両目とも失明した。

■ 関連画像



このページの先頭へ